同僚から恋人へ

heart

勘違いには注意を

気になる相手が脈ありかどうか気になるという人も少なくありませんが、その相手が同じ会社内である場合には慎重になる必要があります。社内恋愛そのものには問題が無くても、それがこじれてしまったりすると最悪の場合には会社内に居られなくなってしまうからです。特に男性の場合には相手の女性が本当に脈ありなのかどうかを見極めないと、社内恋愛どころか気まずくなってしまうケースも多いので注意しなければなりません。特に脈ありかどうかで勘違いしやすいのがプライベートのメールアドレスを聞かれたりSNSをやっているかどうかを聞かれたりするということです。仕事ではなく自分に興味があるということは脈ありだと感じてしまい、社内恋愛出来るのではと思ってしまう男性が多いのです。しかし、実は脈ありというわけではなく個人的な質問をしたかったり単純に話し相手が欲しかったりするケースも少なくないのです。少なくともこの段階では脈なしなので、ここでいきなりアプローチをしてしまうと仕事に支障が出てしまう場合もあります。本当に脈ありなのかどうかを判断するためにも、しばらくは様子を見て相手に彼氏がいるのかどうかをチェックすることが大切です。この時点では脈なしでも、その後の対応によっては十分に社内恋愛に発展する可能性もあります。メールアドレスやSNSについて聞かれるだけではなく、休日の話などもされるようであれば食事に誘うなどして相手の出方を見るのも大切です。